見た目美人性格悪い女性VS見た目ブサイク性格美人女性

MENU

見た目は美人だが性格悪い女性とブサイクだが性格が良い女性、どちらを選ぶ?

婚活サイト

男性への究極の選択としてよくある質問に、「見た目が美人で性格が悪い女性」と「見た目は悪いが性格が良い女性」のどちらが良いかと言うものがあります。

 

そして、その答えとしてはおよそ7割程度の男性が「見た目は悪いが性格が良い女性」を選んでいます。

 

これは外見よりも内面を重視する男性が多いという事になりますが、厳密にはどのような目的で付き合うかによって変わってきます。

 

容姿重視な男性

例えば、性格が良くないとしても見た目が美人な女性を選ぶ男性は女性を飾りのように扱っています。いわゆるステータスの1種として連れていますので、高級なアクセサリー類と同じ意味になります。

 

なので、本人の内面はさして問題にはなっていません。

 

例えば周囲への気遣いができなかったり他人を傷つけるような発言をしてしまうなどのケースがありますが、それほど深い付き合いではないので大きな問題にはなりにくくなっています。

 

また、容姿が整っている女性は多少難ありの方が魅力的に感じる男性も大勢いらっしゃいます。

 

なお、こちらの場合は上記のような問題発言や問題行動を取るのではなく、単純に我儘だったり人使いが荒いなどのケースになります。

 

例えばファミリーレストランに行ったときに男性に飲み物を取りに行かせたり、バイキング形式ならば料理も取りに行かせると言う事もあります。

 

そしてこのように男性に我儘を言う女性に可愛らしさを感じる男性は多く、ましてや相手が美人ならばその傾向はなおさら強くなります。したがって、多少難ありでも見た目が良い方が好ましいと感じる男性は外見重視になっています。

 

内面重視の男性

次に、内面重視の男性は長期的な付き合いを視野に入れているケースが多くなります。基本的に付き合いが長い相手と言うのは友人はもとより家族との付き合いも多くなります。

 

なので外見よりも内面が重視され、その結果として見た目が悪かったとしても気遣いができる女性などが選ばれています。

 

また、外見はある程度は努力で変える事ができるのも選ばれるポイントになっています。自分の信念などを変えることは非常に時間がかかりますし、場合によっては変える事ができない可能性もあります。

 

しかし外見に関して言えばメイクの方法やスキンケア、ヘアスタイルや服装などで変える事が可能になります。

 

なので、そのような事も内面が重視される理由の一つになっています。

 

さらに、結婚などを考えた場合にはよりその傾向が強くなります。一般的に結婚とは本人達だけではなく、お互いの家族にまで影響を及ぼすものになります。

 

例えば新年の挨拶などがありますし、妊娠や出産なども家族の問題になります。なので好感の持てる女性の方が付き合いは楽になりますし、余計なトラブルを避ける事もできます。

 

それに加えて家事や子育てなどの問題もありますので、このような問題を考えた時には外見よりも内面を重視する男性が多くなります。

 

なお、内面を重視する男性の中には加齢を念頭に置いている方がいらっしゃいます。

 

このような方は、人間は年を取れば見た目は同じになると言うような考え方をしています。これはある種達観した考え方になりますが、上記の長い付き合いの延長線上にありますのでこの場合も内面重視の考え方になっています。

 

また痘痕も靨(あばたもえくぼ)と言う言葉があるように、好意を持った相手ならば多少の容姿の問題は気にならないと言うケースもあります。そして、男性に好意を持たれやすい女性と言えば可愛らしい内面の女性になります。

 

したがって男性に好意を持たれるための第一段階はクリアしている事になり、容姿が問題視されると言う事は少なくなります。ただし、この場合は熱が冷めると問題になる事がありますので、その点は注意が必要になります。