結婚を前提に付き合う人の条件

MENU

結婚を前提に付き合う人の条件って何?

婚活サイトおすすめランキング

 

恋愛関係がある程度進んできたり、また年齢を重ねた上での恋愛における、結婚を前提に付き合うという考え方は、誰もが自然に持つものです。

 

若い頃の恋愛にありがちな、好きだから一緒にいたい、ただ楽しいから付き合っている、といった状態から一歩進んで、それなりの条件が発生してきます。

 

大人同士としての生活を現実的に見た時に、その条件にはいくつかの欠かせない要素が当てはまります。
それまでの恋愛では考える必要がなかった事でも、新たに向き合っていくべき事になります。

 

誠実な人物であるかどうか

まず、結婚して毎日生活を共にするにあたり、どのような人間性を持っているかを見極める事が重要です。
全ての人に共通して求められるのが、誠実な人物であるかどうか、という事です。

 

別々の生活をしながら付き合いを重ねている間は、ある程度の秘密を持ちながらという状態もあり得ますが、結婚して一緒に暮らしているとなるとそれは難しくなります。

 

小さな隠し事が少しずつ人間関係に歪みを生み、互いに猜疑心を持ち始めてしまうというのは、無いことではありません。

 

最終的に結婚生活を解消せざるを得なくなった、という事も考えられます。

 

些細に感じられる事や、言い出しにくいと感じられる事でも決して隠し事をせず、どのような事でも共有して一緒に乗り越えていける相手である事が、前提として大きな要素です。

 

自分を律する事ができるかどうか

独身の一人暮らしであれば、ある程度のトラブルは何とかなってしまいます。

 

しかし、結婚が前提となると、見逃し難い問題となりうる要素は格段に増えてしまいます。

 

例えば、金銭的にだらしないような相手であれば後々の家庭生活に必ず良くない影響を及ぼしますし、ギャンブルが好きであれば、或いはアルコールに弱い相手なども、最終的に身を持ち崩し家庭も崩壊してしまうという危険性があります。

 

それらの要素を生まれつき、或いは後天的に持っている事自体は仕方がありませんが、結婚して家庭を築いて行く事を前提として考えた場合には、しっかりと自分を律し、必要な局面においては行動を制限することができるかどうかも、相手を見極めるのに重要です。

 

相手の職業

これも、一人で生きていくのであればある程度の自由さを持っていても問題ありませんが、結婚とは相手や、将来的には子供、双方の両親など、思った以上に多くの人の人生をも背負っていく可能性のある事ですので、収入や保障などがあり、安心できる身分の相手かどうかという点は、現実問題として考えなければならない要素になります。

 

結婚を前提に付き合う人の条件まとめ

この様に、普通の恋愛だけをしているのとは少し違った視点から、付き合う相手を見る事になります。ただ楽しいだけの関係から脱皮し、地に足のついた関係を築いて行くために、避けては通れない道であると言えます。

 

また、相手に対してそれだけの条件を望むのと同時に、自分自身についてもしっかりと考え始めなければなりません。

 

現在では行き方が多様化し、どちらかが家庭に入るのか、或いは二人共が仕事を続けて行くのか、といった事をはじめとし、生活する場所や時間帯、子供を持つか持たないかなど、様々な選択肢があります。

 

それらを全て自分の好きに決める事ができた独身時代とは異なり、結婚を前提として付き合うという事は、それらを相手とすり合わせ、最大限の満足を目指す作業になります。

 

面倒だと感じる事も多いですが、そこに充実感を見出し、人間としての成長を感じながら相手との関係を築いて行けるかどうかが、もっとも大きな条件であると言えます。

 

相手と自分の双方の成長が、とても重要です。

 

また、今流行の婚活サイトなら相手の条件を事前に把握した状態で出会うことが可能です。

 

ネットで出会うってどうなの?という考えはもう古いと言えます。