年下彼氏と付き合う

MENU

年下彼氏の魅力

婚活サイト

皆さんはどんな彼氏と付き合いたいと考えていますか?

 

頼れるから年上の男性がタイプという人もいるだろうし、逆に頼られたいから年下の男性がタイプという方もいるでしょう。

 

年上彼氏は、自分よりもたくさんのことを知っていますし経験もしているため、自分が悩んでいるときに親身になって話を聞いてくれたり適格なアドバイスをくれたりして頼れるところが魅力なのではないでしょうか。

 

また、年上ならではの落ち着きや包容力のあるところに惹かれる方も多いでしょう。

 

甘えん坊や妹タイプの女性とは相性がばっちりかもしれません。また、典型的な長女タイプであっても、頼れるという面から相性もいいかもしれないですね。

 

では逆に、年下の魅力とは何かについて考えてみましょう。

 

自分よりも若くてエネルギッシュなところは大きな魅力の一つではないでしょうか。

 

彼女が年上だからこそ、全力であなたを喜ばせようと努力してくれるのではないでしょうか。

 

年上彼氏のような頼りがいや包容力には欠けるかもしれませんが、伸びしろがあり成長する姿を見守ることができるので一緒にいて楽しいかもしれません。

 

守ってあげたいという母性の強い長女タイプと相性が良さそうですね。

 

ただ、長女の場合弟がいれば彼氏というより弟という感覚が強くて意見は真っ二つに分かれそうです。

 

年下であってもお兄ちゃんタイプなら妹系の女性とも合うかもしれません。

 

年下と一口に言っても様々なタイプがあります

 

。特に兄弟関係で性格はいくつかに分類できるといえます。

 

第一子の場合

年下であっても責任感は強く、先のことを考えてあなたと向き合ってくれるでしょう。

 

いつも弟や妹を引っ張ってきたため、あなたのことも率先してリードしてくれるでしょう。ただ、プライドが高く年上相手は少し慣れていない場合もあるため、むやみにいじったりするのはやめたほうが良いでしょう。

 

また、甘えたときに普段とのギャップがあるかもしれませんが、それも含めて彼だと思って受け止めましょう。

 

中間っ子の場合

年上相手でも年下相手でも柔軟に対応することができます。

 

ただ、自分なりのこだわりが強い傾向があるため、気難しいところがあるのでよく観察して合わせるようにしましょう。

 

末っ子の場合、甘えん坊や誰かに頼りたいという傾向があるため、付き合ったら基本的にあなたがリードしていくことになりそうです。

 

頼ってほしいと思う人にはぴったりですが、リードしてほしいという人には物足りないかもしれないですね。

 

このように、年下と言っても様々なタイプがあるため、彼がどんなタイプかを見極めてから付き合うことが一つのポイントですね。

 

年下と付き合うときは、基本的にあなたがリードする場面が多くなるかもしれませんが、どこかで彼はコンプレックスを感じていることがあるかもしれません。

 

したがって、あなたが上手く彼をコントロールして彼にリードしてもらうようにしましょう。

 

ついつい自分で決めたほうが早いからと言って一人で物事を決めてしまう場合もありますが、彼に決めてもらったり重い荷物を半分持ってもらったりなど時には頼ったり甘えたりすることも大切です。

 

そうすることで、彼氏としての自覚を持ち、あなたのために頑張ろうと思ってくれるのです。

 

自分よりも下だと思うのではなく常に対等であるという意識をもって、男のプライドを傷つけないように気遣いましょう。

 

いつか一人前の男になるためには様々な経験を経ることが必要です。じっくりと成長する姿を見守り育てていきましょう。

 

このように、様々な魅力があり、それぞれ付き合うポイントも異なります。自分とマッチする彼を見つけましょう。時には自分から積極的に働きかけることも大切です。自分の気持ちをきちんと伝えることから彼と信頼し合える関係に発展するのです。