倦怠期の乗り越え方

MENU

倦怠期とは何なのか?倦怠期が起る脳のメカニズムを知る

婚活サイトおすすめランキング

 

どんなに好き合って付き合っていたカップルでも、倦怠期を経験するケースがあります。

 

カップルばかりではなく、結婚までした夫婦同士でも倦怠期を迎える事は珍しくありません。

 

ヘタをするとそのまま別れに繋がってしまうこともある倦怠期とは何なのか、そして乗り越え方はあるのかを知っておくといざという時に役立ってくれます。大切なパートナーを失う前に、倦怠期について理解しておきましょう。

 

そもそも倦怠期とは、相手に気を許して慣れ過ぎてしまったり飽きてしまうことで嫌気が指すような時期を言います。

 

最初はものすごく好きだったとしても、一緒に長い時間を過ごしているうちに当初のドキドキ感や愛情がだんだんと薄れてきてしまい、一緒にいることが当たり前になってしまいます。

 

気持ちが揺れ動くことが少なくなるため、付き合っていても刺激が無くつまらない感じがしてしまい、倦怠期を迎えることになってしまうのです。

 

私たちの脳は、恋愛感情が強い時期にはフェネチルアミンという興奮作用を持つホルモンが分泌します。

 

そのホルモンが与える刺激によって、愛情や幸せを感じるようになるのですが、実はこのホルモンは分泌が始まってから約3ヶ月ほどすると極端に分泌が低下してしまいます。

 

しかも3年後にはすっかり分泌が止まってしまうと言われており、脳の中から綺麗さっぱり無くなってしまうことが分かっています。

 

よく、恋人同士の付き合いは3ヶ月、夫婦は3年目が破局の危機だと言われることがありますが、その理由はこのホルモンによって科学的に実証されているのです。
もちろん全ての男女に当てはまるわけではなく、何十年たってもお互いを愛している夫婦もいますが、このようなメカニズムによって互いをうとましく思う時期が生まれやすいということは知っておきましょう。

倦怠期を乗り越える2つのポイント

倦怠期が終わるのを待つ

倦怠期が終わるのを無理しないようにしつつ、ひたすら待つということです。

 

お互いの気持が鎮まるまで、どんなに嫌気が指したとしてもケンカをしたりせずひたすら我慢するようにしましょう。

 

この時期は永遠に続くものではなく、その状況に脳が慣れてしまえば不思議と落ち着くケースが多いのです。時間が解決してくれるという言葉にもあるように、約1ヶ月ほどでイライラや不快な気持ちが和らいでいくので焦らず時期を待ちましょう。

 

この時期は、あえて相手のことを考えず仕事や趣味などに打ち込むことで感情を落ち着かせることもできます。仲の良い友人に相談し、気晴らしに付きあってもらうのも良いでしょう。

 

話し合う

納得ゆくまでお互いにとことん話し合うということです。

 

この時期は相手と話すのさえ嫌だという人もいますが、避けていても問題は解決しません。勢いで別れてしまっても、気持ちが落ち着いた後に後悔することも多いのです。

 

大切な人との関係を見直すためには、自分がどんなことを感じているのか説明するだけでなく、相手がどう思っているのかなどを真剣に知る必要があります。

 

話し合うことですれ違いの意外な原因が分かったり、誤解が解けることもあるので相手の話にもしっかり耳を傾けてあげましょう。

 

 

この2つのポイントで共通しているのは、決して自分の考えや気持ちばかりを押し付けないようにするということです。

 

倦怠期で辛い思いをしているのは相手も同じなので、うやむやで流したり話したくないことを無理やり聞き出したりしてはいけません。

 

対応の仕方を間違えると、次にやってくるのは本格的な別れの話し合いかもしれません。2人がすっきりと気持を落ち着かせるためにも、逃げ出したり目を逸らすことなく真剣に向き合って乗り越えましょう。