不倫の末路

MENU

不倫の末路について考えるとそのような危険で有害な行為に走るのを思いとどまることができるでしょう

婚活サイト

最近テレビで良く報道される芸能人の不倫。

 

以前はこれほど多く報道されることもなかったように思いますが、このような状況は世の中を反映していると言えるかもしれません。

 

多くの人が不倫を理由に離婚しているからです。

 

テレビや漫画でも普通のことのように放送され、毎日見聞きしているので慣らされてきているように感じます。

 

しかしこれは普通のことではありません。

 

いざ自分の身近で起こると信じられないような気持ちにもなります。不倫してしまう人はその時の感情だけに流される前に、その末路について考えると、そのような危険で有害な行為に走るのを思いとどまることができるでしょう。

 

不倫に走る人は大抵家庭の中で満たされていないというパターンが多く、それを別のところで穴埋めしようとしてしまいます。

 

別の異性との関係を楽しむようになるのです。

 

しかし、その裏切りの結果、配偶者を傷つけ子供達を傷つけ、周りの人の感情を損ないます。相手の家庭をも破壊してしまいます。そして自分自身の評判をも落とすものです。

 

わたしたちが不倫報道で見ているそのままのことが生じるかと思えばぞっとするものです。

 

あるいは金銭的なトラブルも発生します。慰謝料もありますし、子供の養育費をどうするか、裏切られた方の生活の保障など、さまざまな問題が沸き上がります。それも多額の費用です。

 

それをずっと負っていかなければならないと想像してみてください。

 

他にも考慮すべき点として、不倫の感情が一時的なものになりかねないということです。

 

これは自分にも不倫の相手にも生じ得ます。

 

結局簡単に配偶者を裏切る人は、その後に問題が生じた時にまた同じことを繰り返してしまうかもしれません。相手を100パーセント信頼するのも難しいでしょう。いずれ捨てられてしまうかもしれません。

 

そのような末路を真剣に考慮することで思いとどまり、不倫の悪い結果を身に招くことがないように助けられます。

 

寂しい気持ちや愛はやはり家庭の中で育むものです。

 

必要だと感じる時にはパートナーに相談しましょう。

 

決して異性の友達や同僚などに聞いてもらうものではありません。

 

またSNSなどネットで出会いや相談相手を探すのも良くありません。

 

そのようなことがきっかけで恋愛感情が生まれることは容易だからです。

 

それよりも、自分がなぜ結婚した相手を好きになったのかを思い出したり、相手の長所を書き出したりしましょう。

 

愛情が再び沸き上がるようにし、そうなるまで自分の気持ちを高めましょう。楽しかったことをたくさん思い出しましょう。なぜ結婚したいと思ったか思い起こすことも助けになります。

 

そして本人に寂しい気持ちを伝えたほうがずっといい結果になるでしょう。

 

相手を責めるのではなく、自分がどんな気持ちなのか伝えるだけで大抵は状況が改善されます。

 

心理学的にも人には「好意の返報性」が備わっており、好意には好意をお返ししたいと思うものですので、愛情が伝われば相手もそれなりに行動してくれることが期待できます。

 

人の心は不誠実なもので、関心を向けられると嬉しくなり、簡単に好きになってしまうこともあります。

 

夢心地な気分でずっとその人のことを考えていると、頭の中からその人のことが離れなくなります。

 

そのような時にはそのまま進んでいくとどのような末路が待ち受けているか、現実的な目を持って自分の将来を見つめましょう。

 

一生涯続く傷を負ってしまうことのないように、思考をコントロールし、問題がある時は正しい方法で対処するようにすべきです。

 

決して配偶者以外の異性と親しくしすぎることなく、一番大切な場所をしっかりと守っていく方がずっと幸せになれることを忘れないようにしましょう。